earthing alchemie

 

統合ボディトリートメント講座

スウェディッシュマッサージ短期集中限定講座@京都

FAST TRACK: SWEDISH THERAPUTIC MASSAGE Master Course

スウェディッシュ
セラピューティック マッサージ
短期集中講座  <2017.12~2018.2>

この講座は、より身体機能の改善を求めるメディカルマッサージや、リハビリテーションマッサージなどの基礎としてまず学ばれるベーストリートメント「スウェディッシュ セラピューティック マッサージ(以下:スウェディッシュマッサージ)」の技術と、それに必要な禁忌、査定(アセスメント)技術の習得を目指します。

スウェディッシュマッサージは、身体の解剖学、生理学的な視点から、筋肉や関節の動きに伴う組織の痛みからの解放、機能改善などから、ストレス社会で生き抜く私たちにとっては深いリラクゼーションをもたらす幅広い役割をもったボディセラピーです。

今回は、その技術を短期間で習得するスペシャル講座。手技やとそれに必要な禁忌や査定を集中して学ぶ内容となりますので、既にセラピストとして、スパやサロンなどでご活躍されている方への限定講座となります。

より集中して技術を習得していただくために、少数定員4名限定といたします。
また、京都での開催は今回限りの特別講座です。

ご自身の持つ身体の知識を、さらに有効に、広く使えるようになる技術、痛みの軽減・体調不良の緩和・ストレスの軽減など、さらにクライアントの要求を満たせるセラピストへ。一緒に腕を磨きませんか?

マッサージ技術だけではない、セラピストとして多くのクライアントと向き合ってきた心禄:清水の14年の経験と知識を、惜しみなくお伝えさせていただきます。

 

fast track 短期集中 といえども、スタート日〜最終日まで実質2ヶ月間を要します。
なぜか?実際に一週間で行うこともできますが、習得を目指す技術は、じっくり施術を行うと90分はかかるフルボディルーティーンの内容です。
一つ一つの手技をインテンション(意図)を持ち、自分に落とし込んでいくには連日で行うよりも、クラスの合間に《頭と身体の休憩ー復習ー練習ー質問をするー回答を実践するー予習》を入れる事により、より確実に技術と知識を身につけていただけるよう構成しています。

*本講座は心禄のマッサージスクールの《SWEDISH THERAPUTIC MASSAGE BACED 統合ボディトリートメント講座 Ⅰ< レベル 1:ベーシックコース >》講座の中でお伝えしているスウェディッシュマッサージの技術を短期で習得するスピンオフ講座でもあります。セラピストを目指す方、セラピストとしてのステージアップを目指す方へは「統合ボディトリートメント講座」をお勧めいたします。

 

【本講座の目標・ゴール】

◎スウェディッシュセラピューティックマッサージを基礎としたフルボディのオイルマッサージを行えるようになる。

◎トリートメントに必要な解剖学・筋肉の働きなどの知識を元に、手技がクライアントに与える影響を考慮し施術を⾏う事ができる。

◎クライアントの⼼身のコンディションがどのようなところから来ているか、どのように影響しているかなどの施術に必要な情報を集めることができる。

◎クライアントの心身のコンディションを把握するための査定/カウンセリングを通し、適切な手技を用いてマッサージを⾏う。(マッサージをする・しないの判断も含め)


【対象】

・サロンやスパなどでセラピストとしてお仕事をされておられる方で、マッサージに必要な身体、解剖学の知識、それぞれの筋肉組織のパルペーション(触診)を行える経験をお持ちの方へとなります。

・現在セラピストの職についておらずとも、同等の技術、知識をお持ちの方

 

【定員】 4名 (最低開講数2名)

 


【開講日程】

2017年12月 18日(月)、19日(火)
2018年 1月 11日(木)、12日(金)、2月14日(水)、15日(木)、16日(金)

各手技・技術を確実に身につけていただくために、予習・復習ができる期間を間に設けながら行える最短期間といたします。

 

【カリキュラム】

10:00 am – 17:00 pm (6時間/1日) X 7日間 合計42時間

・スウェディッシュセラピューティックマッサージ 実践
(頭部/頸部/背面部/腰部/脚部/上肢/腹部 各部位の組織解説&手技)

・ドレーピング
 (施術に当たりクライアントのプライバシー部分を守りながら行うシーツの扱い方)

・禁忌

・査定(アセスメント)/カウンセリング
 (クライアントの身体の状態の把握・バランスのインフォメーションの入手、チェック方法)


【受講料】

¥ 161,000- (+ TAX ¥173,880- )
受講料にはテキスト代が含まれています。
尚、別途、受講に必要な書籍、オイル・シーツ等は各自でご購入いただく必要があります。
*分割払いもご相談に応じます。
*11月中にお申し込みの場合、早期申込割引10%OFFを適応させていただきます

*講座終了後の最終宿題を提出の後、修了証:ディプロマを授与いたします☆

お問合せは/受講お申し込み】

心禄へのメールはこちら→go
コンタクト詳細→go

FBページからも〜
https://www.facebook.com/xinrock

スウェーディッシュマッサージとは?

スウェーデンにおいて1800年代初め、スポーツ選手でありインストラクターであったP.H.リング氏により、解剖生理学的見地から、マッサージを体育の一派としてとらえた手法として行われるようになったのが、謂れの始まりといわれています。
彼の手法は「スウェーディッシュムーブメントトリートメント」として知られるようになり、ヨーロッパ各地へ広がりました。
その後、解剖生理学や科学的原理の知識の進歩とともに様々な進化を遂げ、身体のそれぞれの組織に適応したアプローチをする現在のスタイルに。
様々なスパやマッサージサロンではオイルマッサージの代表的なスタイルとしてみられます。
また、より身体機能の改善を求めるメディカルマッサージや、リハビリテーションマッサージなどの基礎としてまず学ばれるベーストリートメントとなっています。

 


<心禄のマッサージ講座についての紹介や記事>

blog カテゴリー:ボディトリートメント講座
*統合ボディトリートメント講座についての詳細・Q&A の記事はこちらから
2015年09月25日 統合ボディトリートメント講座のご案内1【概要】
2015年09月26日 統合ボディトリートメント講座のご案内【ゴール】

ファスト・トラック クラス:スウェディッシュ

12月〜2018年2月にかけての3ヶ月間の短期間で、スウェディッシュセラピューティックマッサージを習得する
「Fast Track ファスト・トラック クラス:スウェーディッシュ」
を開講いたします。

 

対象は、すでにセラピストとして活躍され、マッサージに必要な解剖学の知識、それぞれの筋肉組織のパルペーションを行える経験をお持ちの方へとなります。

 

開催場所は、心禄:京都下鴨サロン、和歌山那智勝浦 の2箇所を予定

定員:各クラス4名

詳細は決まりしだいアップいたします。

 

お問合せはこちらから
心禄へのメールはこちら→go
コンタクト詳細→go

FBページからも〜
https://www.facebook.com/xinrock

【ファイナルコール!】統合ボディトリートメント講座春クラス

SWEDISH THERAPUTIC MASSAGE BACED
統合ボディトリートメント講座 Ⅰ< レベル 1:ベーシックコース >

5月開講クラス:6月よりの途中参加、を6月3日締め切りにて受付いたします。
5月に終了している二回のクラスは別途補講にてキャッチアップします。


今回募集定員:2名

お問い合わせ:090-1145-4142 | walea@xinrock.com

 

セラピストを目指す、そしてセラピストである方へはその腕に、心に磨きをかけるクラス。
解剖学やマッサージ技術だけではない、セラピストとして多くのクライアントと向き合ってきた心禄:清水の経験と知識を、惜しみなくお伝えさせていただいています。

<講座についての紹介や記事>
blog カテゴリー:ボディトリートメント講座
*講座についての詳細・Q&A の記事はこちらから
2015年09月25日 統合ボディトリートメント講座のご案内1【概要】
2015年09月26日 統合ボディトリートメント講座のご案内【ゴール】

間も無く6月京都心禄スタート:ご予約承り中

早いもので5月も明日で最終日。今年の半分に差し掛かる6月を迎えようとしています。皆様はいかがおすごしでしょうか?

春から夏にかかる時期。気持ちよい気候から少し蒸し暑くなってきますね。
湿気をためない体づくりも大事になる季節です。
代謝を上げて暑さに負けないコンディショニングを今から!

◎ ご予約を心よりお待ち申し上げております。

ご予約承り期間

6月1日(木)〜8日(木)

*当初5月31日〜のご案内を掲載しておりましたが、6月1日〜に変更させていただきました。
*1日のご予約のみ、30日22:00までの承りとなります。
*4日(日)はマッサージ講座開講の為、承りは18時~のみとなります。

*ご希望日時は第三希望までお知らせ頂けると幸いです。
*ご予約状況は流動的です。ご希望の日時等、お気軽にお問い合わせください。

〜富士山と祈り〜
先日、知人数人と車で東京までの珍道中にいってきました。
久々の関東。しかも箱根に滞在という少し贅沢な旅。
知人が紹介してくれた素晴らしいあるスポット。
富士山の絶景が額縁に入った場所での瞑想は、とても素晴らしい時間でした。
たった三日間の旅、けども行く前と帰ってきた後の自身の感覚の変化に感動。まるでトワイライトゾーン!?スターゲイトを抜けてきたように感じています。

ハワイ島でのマッサージスクールで感じた久々の”あの”バイブレーションです☆ウエルカムバック!

 

セラピストの役割

多面的役割

今日は、先日の投稿「鎮痛とマッサージセラピーの関係」の最後に触れた《セラピストがクライアントへ果たす役割》についてです。

お伝えしたいことはこのポイント・・・

私たちは、その時・その時に応じた身体の使い方で動き、感じ、考え、思う・・・そのような日々の生活での絶え間ない活動には、多様な背景があります。
【心理的、社会的、主観的、生理学的、神経学的・・・】
そのため、セラピストが求められる役割は、いかに多面的な視点からクライアントを観・診、それらから得られる情報を統合することで「その人」に必要な効果的なセラピーを行うことにあります。

*心禄の「統合ボディワーク&トリートメントセラピー」やマッサージ講座「統合ボディトリートメント講座」の《統合》はここです☆

 

私たちは日々動き・考え・思い・感じて生きています。それはそれは多岐にわたる様々な外からの刺激を、肉体=「身体」で受け止め、そして「心」で受け止め、傷付きもし、痛みを感じ、試行錯誤し、また行動に移す・・というように。

 

例えば、同じように仕事に追われる毎日を過ごしているCさんとDさん

責任ある仕事を任されそのプレッシャーにどうにか耐えて頑張っています。たまに、上司からの叱責で凹んだり、部下からの相談で頭を悩ますこともあります。ちょっと逃げ出したくなってくる気持ちもあったりもしながら・・・。「頑張ろう!」と仕事に取り組んでいます。

Cさん(ここで辞めても、転職活動も大変だろうし・・・どうにか頑張るか・・肩も凝るし、胃が痛いけど・・・)

Dさん(けど、ここで頑張っておけば、転職しても活きてくるはず!力がみなぎるぜ〜 )

現実には全く同じような状況下でおられる方はまずいないとは思いますが、これまでの経験で解りやすく例えました。

例えば、CさんとDさんのように、物事の主観的な捉え方が違ってくるだけで、身体が感じる反応が違ってくることもあります。
身体を物理的に動かすと、もちろん疲れます。が、様々なストレスや心労なども身体を疲れさせ、痛める原因にもなります。

これまでの人生でどんな経験をされてきたかによっても、状況の捉え方が変わりストレスに感じるか、そうでないかも変わるかもしれません。

もともと身体が弱く、ハードな仕事に堪えるだけの体力がない場合は、身体への負担はもちろん、そこからくる精神的なプレッシャーや辛さもでてくるかもしれません。

もともと一人で専門分野に取り組む方が得意な人が、チームで仕事を切り盛りしていくような人間関係をうまく作れないことにストレスを感じることもあるでしょう。

ざっと想像してみても、人が持つバックグラウンドはとても複雑で多様です。例えのように同じような状況においても、人それぞれの対応・反応・経験・感じ方は変わってきます。

多面的な視野・視点からクライアントを観察する事をセラピストが求められるのは、この理由からです。

もし、そこで生まれるストレスや疲れ、身体の痛みの原因があれば、それが何処にあるのかを一つ一つ丁寧に探していく必要があります。

 

 

このように、何気ない日常生活・・・これまで歩んできた「私の歴史」が、今抱えている「痛み」や「コリ」「緊張」を癒していく、最も大事な解決方法を知っている訳です。

それは容易に見つけられる時もあれば、複雑で、どれか?と特定するのは時には時間がかかることもあります。

セラピストの仕事は、その紐解きをお手伝いするサポート役であり、多面的な視点で「私」を観察し、診、凝り固まった部分を癒すヒントを見つける役割を担っているのです。

原因が何処かを理解して、施術を行うことは、理解せずに行うそれよりも、ずっとクライアントには効果的です。

 

そんなセラピストの仕事に興味を持たれ、もっと深く知りたいかたへ

SWEDISH THERAPUTIC MASSAGE BACED
統合ボディトリートメント講座 Ⅰ< レベル 1:ベーシックコース >

5月開講クラス:只今受講者募集中

<講座についての紹介や記事>
blog カテゴリー:ボディトリートメント講座
*講座についての詳細・Q&A の記事はこちらから
統合ボディトリートメント講座のご案内1【概要】
統合ボディトリートメント講座のご案内【ゴール】

鎮痛とマッサージセラピーの関係

今日は「痛み」とマッサージセラピーとの関係について
(このテーマについては昨年から書きたかったのですが、ようやくです!)

お伝えしたいことは・・・
マッサージセラピーが痛みを緩和する役割を持つ点において、マッサージセラピーの有効性が学術的な研究・分析をされ、エビデンスに基づき評価されたという点

 

マッサージセラピー(他補完療法)が鎮痛に非常に有効であるのはご承知の通り。実際に、スポーツをしたり、仕事からくる肩こり・腰痛などでマッサージやセラピーを受け痛みが楽になった経験がある方も多いと思います。

しかしながら、実はこれまで、マッサージセラピーが痛みを緩和するのに有効に働くなどの”治療効果の本質”を学術的に研究を行い、エビデンスを含めた評価など、詳しく解説されることがありませんでした。

 

え!?そうだったの!?

・・・そうなんです。

 

昨年2016年、オンライン学術誌「Pain Medicine」により、Samueli Institute とMassage Therapy Foundationの共同サポート、American Massage Therapy Foundationの財政援助で行われた「痛みに関するマッサージセラピー研究」のメタアナリシスが公開されました。

この結果について、

Samueli Instituteのメタアナリシスは、マッサージセラピーが優位に痛みを和らげて、不安を軽減して、痛みを抱える母集団の健康に関連する生活の質の測定基準を改善させると報告した。実際のマッサージ群とプラセボ群を比較して、マッサージセラピーは隠すの病状、痛みの軽減と気分の向上に推奨される

Samueli Instituteのメタアナリシスが画期的な理由の1つは、マッサージには多面的で複雑なメカニズムの不確定性があるにもかかわらず、評価した幅広い範囲の研究が信頼できる共通因子を明かし、測定可能な結果を示したことである。
(鎮痛に対するマッサージセラピーの有効性を研究で確認:Tim Herbert)

と報告されていました。

この記事は、私にとって貴重で心踊る内容でした。

 

なぜか?

考えてみてください。私たちが持つ多様な背景【心理的、社会的、主観的、生理学的、神経学的】。それらが、痛みの原因になった時、また追求される点も、多次元的に見ていく必要があります。(多くのクライアントと接しているとよく分かるります。)

そうなると、研究する対象が多岐に渡ることは確かです。当然費用もかかります。これまでは、それぞれの背景の個々の分野では、有効な研究結果が得られているのにもかかわらず統合的な研究が行われていなかったことから、実際に研究が行われ、結果が報告されたことは、大変貴重なことなのです。

 

要因が多岐にわたるって!?!?

例えば、同じ、全身の倦怠感や肩首の痛みを持っているクライアント:Aさん、Bさん

Aさんは長時間オフィスに座りPC作業をしています。
Bさんは外回りの営業で、重いカバンをいつも持ち歩いています。

もしかすると、Aさんはさらに社内での人間関係がうまくいっていないストレスがあるかもしれません。もしくは、厳しい上司がすぐそばに座しているのかもしれません。

もしかすると、Bさんは外出時と建物の中との温度差が激しい時期にはもっと疲れが大きいかもしれません。

「痛み」の原因となるものが、その人、その人によって複雑に影響しあい、結果身体の不具合=「痛み」として体は認識します。

同じ痛みや不具合を訴えていても、それは本人の主観的観察によるものであり、その原因となるかもしれない背景は似ている場合もありますが、全く違う場合も多々あるのです。

多面的な視点で観察し、その背景(原因)を探り、その原因を取り除くサポートをするのがマッサージセラピストの力量といいますか、本領発揮の部分でもあります。

 

マッサージセラピーが痛みの軽減に役立つことは、昔から知られそれ故、多くの国で実践され人々に愛されてきました。
(なので、別にいいやん!と思う方もおられるかもですが・・・(笑
これまで、「痛みの原因であるかもしれない一つの分野」から、その有効性が確認され報告されていたことが、「マッサージセラピーや他、補完療法」が多面的で複雑ながら、研究が統合的にされ、しかも有効な結果を示したこと

《評価した幅広い範囲の研究が信頼できる共通因子を明かし、測定可能な結果を示したこと》

が、とても興奮する部分なのです。

そしてそのことで、今まで以上にマッサージセラピストが果たす多様な役割を実感したのであります。これも大きなポイントです!
(次回につづきます・・・)

 

この報告記事はこちら
鎮痛に対するマッサージセラピーの有効性を研究で確認:Tim Herbert
2016.10.07

 

そのような素晴らしい役割を果たせるセラピストを目指しませんか?

SWEDISH THERAPUTIC MASSAGE BACED
統合ボディトリートメント講座 Ⅰ< レベル 1:ベーシックコース >

5月開講クラス:只今受講者募集中

<講座についての紹介や記事>
blog カテゴリー:ボディトリートメント講座
*講座についての詳細・Q&A の記事はこちらから
2015年09月25日 統合ボディトリートメント講座のご案内1【概要】
2015年09月26日 統合ボディトリートメント講座のご案内【ゴール】

開講日変更4月→5月:統合ボディトリートメント講座

今春より開講の統合ボディトリートメント講座、当初4月開講予定でしたが、5月開講に変更となりました。

以下、現在の所の日程(仮)です。

◎土日クラス 開講日4/22 →5/13となりました。

 

土日クラス
5月: :13,14日
6月: 10,11日
7月: 8,9,29,30日
8月: 26,27日
9月: 23,24日
10月: 調整中

◎平日クラス 開講日4/24 →5/15となりました。

 

平日クラス
5月: :15日,調整中
6月: 12,13日
7月: 10,11,31日
8月: 1,28.29日
9月: 25,26日
10月: 調整中

☆本講座は、お仕事をお持ちの方などにも、無理なく受講いただけますよう受講者みなさんのご都合を伺い、日程を最終調整いたします。

ご相談、ご質問等もお気軽にご連絡ください。
mail: walea@xinrock.com

 

<講座についての紹介や記事>
blog カテゴリー:ボディトリートメント講座
*講座についての詳細・Q&A の記事はこちらから
2015年09月25日 統合ボディトリートメント講座のご案内1【概要】
2015年09月26日 統合ボディトリートメント講座のご案内【ゴール】

受講者募集*4月開講:統合ボディトリートメント講座@下鴨・京都

SWEDISH THERAPUTIC MASSAGE BACED

統合ボディトリートメント講座 Ⅰ
< レベル 1:ベーシックコース >
4月開講クラスの受講者を募集しております

4月〜9月にかけての半年間、自分をぐ〜んと成長させる時間にしませんか?
心・体・そらと大地と営む生活・・セラピストはそんな多岐にわたる背景に影響される私たち「人」を癒し、ケアし、本来の健康な状態へ導く役割を担います。
それらを学ぶことはまず、自分と真正面から向き合い、自分に取り組むこと。
人体の解剖学的知識や、手技の習得にとどまらない、もっと広い視点をもったセラピスト養成クラスです。

 

統合ボディトリートメント講座
INTEGRATIVE BODY TREATMENT COURSE

◎詳しく知りたい方、ご興味のある方、
講座内容・カリキュラム・参加にあたって必要な準備 etc.. 詳しい資料も用意いたしております。
お気軽にお問合せください。様々なご相談も随時受け付けております。
心禄:清水まで
090-1145-4142
walea@xinrock.com
オイルを使った全身のトリートメント・コンディショニングを学ぶに適している「スウェディッシュ=セラピューティック=マッサージ」をベースに、セラピストに必要な技術と知識を学びます。
身体的な知識の基礎となる解剖学・筋肉学、フルボディのトリートメント技術を始め、クライアントへのベストなコミュニケーションについて学ぶ、精神的・感情的取り組みエナジーワークバウンダリーなどセラピストとしての⾃身の⼼構え・成長を サポートする統合的なトレーニング内容です。
また、さらに次のレベルⅡ: アドバンスクラスを受講ご希望方へも、本講座は全身の軟性組織の特徴や、ファーシャ(筋膜を含む結合組織)へのアプローチの為の基礎を学ぶ為の有意義なクラスとなります。


<対象>
健康でマッサージ技術の習得だけでなく、自らの成長・新しい自分を磨き出したい方。
初めてマッサージの習得を希望される方 から、すでにお仕事でご活躍中の方まで。

これまでに受講いただきました方々は、初めてこの世界に飛び込む方・鍼灸師・既に開業されているセラピスト、エステティシャン・・など。
既に技術を手にされている方でも、新しい技術、セラピストとしてのステージアップに必要なガイドをさせていただいております。


<開講日程(仮)>

4月〜9月にかけて 各月2〜4日のクラスを合計14日間+フォローアップ1日。
*上記日程を、受講いただく皆さんと、最終調整し決定いたします。

◎土日クラス:
4月: 23,24日 5月: 13,14日 6月: 10,11日 7月: 8,9,29,30日 8月: 26,27日 9月: 23,24日

◎平日クラス(基本月火):
4月: 24,25日 5月: 15,&調整中 6月: 12,13日 7月: 10,11,31日 8月: 1,28.29日 9月: 25,26日


<カリキュラム>

10:00 am – 17:00 pm (6時間/1日)

クラス84時間(6時間x14日間) + フォローアップ6時間(1日) 合計90時間(15日間)
<定員>
6名

*最低開催数2名


<受講料>

¥ 295,000- (+ TAX ¥318,600- )
受講料にはテキスト代が含まれています。
尚、別途、受講に必要な書籍、オイル・シーツ等は各自でご購入いただく必要があります。
*分割払いもご相談に応じます。

<講座についての紹介や記事>
blog カテゴリー:ボディトリートメント講座
*講座についての詳細・Q&A の記事はこちらから
2015年09月25日 統合ボディトリートメント講座のご案内1【概要】
2015年09月26日 統合ボディトリートメント講座のご案内【ゴール】

12月開講!ファーシャ:筋筋膜療法の1stステップ講座:受講者募集中

12月1日開講:
統合ボディトリートメント講座Ⅱ<レベル2:アドバンスコース>

只今受講者募集中

mc-adup

心禄にて開講しています【統合ボディトリートメント講座1】の技術や、現在習得されている技術を元に、セラピストとしての精神的/技術的スキルアップと、よりクライアントの状態を改善へ導く応用力のあり、きめ細やかな技術の習得を目指すアドバンスクラスの開講です。

「ファーシャ(筋膜を含む結合組織)リリース」や「ディープティシュートリートメント」など、 いわゆる筋肉組織に総称されるマッサージでターゲットになる軟性組織に対しての、より特化したリリース方法を習得します。

「ファーシャ」「筋膜」について

「筋膜」という言葉、最近はよく耳にするようになってきました。筋膜は、字の通り、筋肉を包む膜。しかし「筋肉を包む膜」と単に捉えてしまう以上に大きな役割があります。
言葉を筋膜でなく「ファーシャ」と捉えてみましょう。体の中を一つの宇宙として例えると、星以外のものがファーシャといえます。ファーシャは「結合組織」であり、私たちの体内の臓器、骨、筋肉、細胞、血管・・・あらゆる組織を「包む膜」でもありますが、それらを “浮かばせ”、”あるべき位置にとどめておく”役割を担っています。細胞内の基質や体液、血液までもファーシャに分類されます。

そう考えると、筋膜とは?

そうです、ファーシャの一部。筋膜は、それぞれの役割ごとに筋肉を”まとめ”、隣同士の筋とくっついてしまわないように “分け” 、そうでありながら隣同士や隣接する筋たちの “位置をキープする” 役割を持っています。そばにある筋肉同士がくっついてしまったら大変ですよね!それぞれの筋肉の働きができなくなってしまいます。

そう、そうなってしまった時のリリーステクニックが、ファーシャセラピーなのです。

大事なのは、体の形は骨格で決まりますが、骨格にならった体の形をキープする役目こそがファーシャであるということ。「筋膜」のみに意識を向けるというよりも、「ファーシャ」が分け、つなぐシステムを理解してアプローチすることで、身体の本来持つ機能を蘇らせることができるのです。

本講座は、そのファーシャへのアプローチや、軟性組織リリースのためのテクニックの中から、今お持ちの技術に取り入れやすいものを厳選してお伝えしていくクラスです。
現役でご活躍されているセラピストの方や、ご自身の技術の幅を広げるにもお勧め致します。

来年3月修了の日程にて4ヶ月を通して学び、フォローアップを加え全40時間のトレーニング。
詳しい資料等もございます。ぜひお問い合わせください。

詳細はこちらも御覧ください。

統合ボディトリートメント講座Ⅱ<レベル2:アドバンスコース>

応募締め切り:11月30日


開講日程
10:00 am – 17:00 pm (6時間/1日)

12月1日〜2017年3月にかけて
1回目、2回目 は12月1日(木)、21日(水)
3回目・4回目 1月上旬
5回目 2月中旬
6回目 3月下旬

*1月以降は受講者の皆さんのご都合を伺い、最終決定します


受講料
¥138,000- (+ TAX ¥149,040- )

受講料にはテキスト代が含まれています。
別途、必要書籍、オイル・シーツ等は各自でご購入いただく必要があります。


定員
残席2名