earthing alchemie

 

クレイセラピストを目指す!《クレイセラピー完全講座》

この夏より、那智勝浦:和歌山/下鴨:京都 の両地域にて開講する「クレイセラピー完全講座」。

先日、サイトをご覧いただきました方よりお問合せがありました。

「完全講座受講後、自宅サロンを開く事は可能なのでしょうか?」

答えは、はい!です。

正確には、講座終了後に試験があります。それに合格すると「クレイセラピスト認定証」を当スクールより授与します。

その後は、クレイセラピストとして、サロンをスタートも可能ですし、現在エステシャン、セラピスト、美容師、サロン運営をされている方々には、新しく「クレイセラピー」メニューを加えることができます。

初めてセラピーを学び、セラピストを目指す方へも、細やかな技術指導、接客〜サロンワークなども盛り込んだ内容でお伝えしていきます。

例えば、クレイのフェイシャルパック。
一言聞く分には、こんな感じかなぁ・・と想像ができる方もいらっしゃるかと思います。
では、実際に行う側としてはどんな「知識」「道具」「技術」。。。が必要でしょう?

自分がお客様でサロンへ行ったと想像してみましょう。
まずメイククレンジング・・・それに必要な技術は・・・

・クレンジング技術
・フェイシャルマッサージ
・スポンジの使い方
・ホットタオルワーク
・仕上げ
etc

クレイに関することを学ぶ = 
クレイセラピーとしてお客様へそのサービスを提供していく知識や技術も学ぶ

認定クレイセラピスト【アルジロトログ】を目指す

本講座のカリキュラムは「クレイテラピーの知識や安全な使用方法」「クレイテラピーに関する正しい知識を持つ」「人々にアドバイスできる能力を有する」「第三者にコンサルテーションを含めたクレイテラピートリートメントを提供できる能力を有する」等を目指したクレイセラピーの総合的な講座です。

講師は心禄の清水志信。日本でクレイセラピーのパイオニアであるアロマフランスより講師認定を受け、クレイセラピー歴9年(2017現在)の経験と知識を活かし、受講いただく方それぞれの特性に合わせ指導いたします。

本格的にクレイセラピーの技術を身につけ、クレイセラピストとして活躍されたいと希望の方にお勧めいたします。

この機会に、是非☆

*詳細はこちらを御覧ください↓↓
http://xinrock.com/workshop/claytherapyCLASS.html

クレイセラピー完全講座

全8 回: 4時間x8 計32 時間
受講料:¥155,520- ( 税込) 教材、クレイ5種含む
(分割払いのご相談も応じます)

 

【那智勝浦日程】
◎◎日曜コース 10:00~14:30 (内30分休憩) *7/23,2/25のみ13:30~17:30となります
7月23日*13:30~17:30、8月27日、9月24日、10月15日、11月19日、12月24日
2018年:1月28日、2月25日*13:30~17:30


【京都:下鴨サロン日程】
◎日曜コース 10:00~14:30 (内30分休憩)
8月6日、9月3日、10月1日、10月29日、11月26日、12月17日
2018年:1月7日or14日、2月11日

◎火曜日コース 10:00~14:30 (内30分休憩)
8月8日、9月5日、10月3日、10月31日、11月28日、12月19日
2018年:1月16日、2月13日

*12月・1月・2月は仮日程

6月30日 今年も半分!前半戦終了

早いもので間も無く今年の中間地点。。6月30日と7月1日の狭間。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

夏越の大祓 ですね。

実は、私、今朝めちゃネボーして9時まで寝とりました。夜11時に寝て!

なんやかんや疲れてたんですね。夢で起きて仕事してましてん(笑

しかも、昼前まで6月30日はわかってたけど、今年の前半戦終了日とは気づかず。
あわてて昼ごはんおわって、お参りにあがりました。

夕刻は、旦那と二人ご飯前に、半年の諸々を洗い清めに温泉へ。
ご飯のときには、お互いの半年の自己評価と感想を述べつつ。
今日時点で、お互いにまずまず良好な半年だったことを確認できたのはとても嬉しかった。詳しく書くと長々なるので、短くすると・・

私の半年は「超前進のこれからが頼もしい!(自分で)」。明日からの半年〜来年への種まきができた感、大。

中晦日なんで、にゃーたちもお家へ上げて、ゆったりの夜を過ごしました。

皆さんの今年前半戦はいかがでしたか?

明日からの後半戦も、活躍の日々にしていきましょうね☆

 

クレイセラピー講座開講:@和歌山7月〜@京都8月〜

地球が作り上げた <Organic=有機物>私たち人間 が、
同じく 地球が作り上げた  <Inorganic =無機物>粘土鉱物:クレイ の力を借りる。

クレイセラピー美容講座 & 完全講座

私たち、日本人は「温泉・湯治」の文化を古くから持ち、地球・地中からの癒しの力を借りてきました。クレイセラピーは、地中深くで地球が、地球創生の歴史とともに育んだ「クレイ=粘土鉱物」を、日常生活に取り入れたり、体の不調を整えるトリートメントとして用いるセラピー=療法。

クレイセラピーを学ぶ本講座は、「クレイ=粘土鉱物とは?」を探究・理解を深め、私たち人間や、動物、植物に至るまでの有益な使用・活用方法を幅広く学びます。また、自身でセラピー=療法としての活用方法を体験しながら、私たちに及ぼすクレイの力を経験的に学ぶカリキュラムです。

この夏より、心禄:「京都下鴨サロン」・「和歌山:那智勝浦」の2箇所にて開講いたします。

開催場所:
【熊野:和歌山】交流センター 太田の郷 和歌山県那智勝浦町南大居231
 開催内容詳細フライヤー→ クレイセラピー完全講座&美容講座@わかやま

【下鴨:京都】 心禄ヒーリングハンズ 京都市左京区下鴨蓼倉町16-29
 開催内容詳細フライヤー→ クレイセラピー完全講座&美容講座@きょうと

◎受講お申込/ご質問・お問合せ◎

心禄ヒーリングハンズ:清水まで
http://xinrock.com/contact/contact.html

090-1145-4142 | walea@xinrock.com

*講座についてのご質問もお気軽にお問い合わせください。

 

 

まずはしっかりしたクレイの基礎知識を身に付けたい方へ

クレイセラピー美容講座(全3回)

クレイの基本知識とともに、日常生活で取り入れられる使用方法、ご自身のお肌のお手入れなど、美容の用途からクレイの利用方を学びます。毎回実習も行い、実際にクレイを使うことで経験的にもクレイセラピーを習得できます。
クレイセラピストを目指す「クレイセラピー完全講座」の受講を検討されている方へも、クレイを学ぶ最初の講座としてオススメです。

受講料:¥55,080- ( 税込) 教材, クレイ5種含む
全3回:4時間 x3  計12 時間

【和歌山:那智勝浦日程】
◎日曜コース 10:00~14:30 (内30分休憩) *初回7/23のみ13:30~17:30となります

<1回目>7月23日(日)*13:30~17:30、<2回目>8月27日(日)、<3回目>9月24日(日)

【京都:下鴨サロン日程】
◎日曜コース 10:00~14:30 (内30分休憩) 
<1回目>8月6日(日)、<2回目>9月3日(日)、<3回目>10月1日(日)

◎平日コース 10:00~14:30 (内30分休憩) 
<1回目>8月8日(火)、<2回目>9月5日(日)、<3回目>10月3日(日)

 

*「クレイセラピー美容講座」は「クレイセラピー完全講座」全8回の第1回〜3回と同様の内容です。完全講座ご希望の場合は「美容講座」受講後にそのまま継続して4回目以降の「クレイセラピー完全講座」を受講いただけます。

 

 

クレイについての理論と実践を交えながら基本知識から応用まで総合的に学ぶ

クレイセラピー完全講座(全8回)

本格的にクレイセラピーの技術を学び、クレイセラピストとしての活躍を目指す方への講座です。
すでにサロンを運営されている、エステシャン、セラピスト、美容師の方々や、新たにクレイセラピーをメニューに取り入れたいとお考えの方へは、クライアントにニーズに応えられる幅広い知識と技術の習得を目指します。

・どのような肌に、どんなクレイを選んでつかうとよいのか?
・どんな時に、どんなクレイを選び、どんな使い方をするとよいか?
・クレイの作用・効果はどこから来ているのか?
・クレイのミネラル分とは?
・禁忌、注意事項 など

鉱物学・科学・生理学などの少し専門的な話もでてきますが、これもクレイをさらに深く理解するのに欠かせないポイントです。「クレイを知りたい!」意欲に添えるよう、分かりやすく丁寧に解説いたします。

本カリキュラムは、日本でクレイセラピーのパイオニアであるアロマフランス:前原ドミニック師によるものをベースにしています。
受講終了後、修了認定試験を受け合格することで、当スクールよりクレイセラピスト修了認定証* を発行するとともに、アロマフランスより「アロマフランス認定クレイセラピスト」の認定* を受けることができます。(詳細はお尋ねください)

* クレイセラピストの認定であり、クレイセラピーを指導できる認定はではありません。

受講料:¥155,520- ( 税込) 教材、クレイ5種含む
全8 回: 4時間x8 計32 時間

【那智勝浦日程】
◎◎日曜コース 10:00~14:30 (内30分休憩) *7/23,2/25のみ13:30~17:30となります
7月23日*13:30~17:30、8月27日、9月24日、10月15日、11月19日、12月24日
2018年:1月28日、2月25日*13:30~17:30


【京都:下鴨サロン日程】
◎日曜コース 10:00~14:30 (内30分休憩)
8月6日、9月3日、10月1日、10月29日、11月26日、12月17日
2018年:1月7日or14日、2月11日

◎火曜日コース 10:00~14:30 (内30分休憩)
8月8日、9月5日、10月3日、10月31日、11月28日、12月19日
2018年:1月16日、2月13日

*12月・1月・2月は仮日程

*那智勝浦の週末クラスの日程を日曜コースとし変更いたしました 6/30付け

下鴨京都7月のご案内:只今ご予約承り中


こんにちは。
いつも心禄をご利用いただきありがとうございます。

梅雨入りしたとはいえ、雨の降らない空梅雨の那智勝浦より
皆様いかがおすごしでしょうか?

今日は一段と真夏のような日差しが朝から照りつけています。
蒸し暑くないだけ爽やかなのですが、雨がなく農作物が心配です。

間も無く一年も折り返し・・・夏至も間も無くですね。
よき今年の後半戦のスタートに、心身のコンディショニングも忘れずに☆

朝晩の気温差もまだまだありますね。体調を崩されませぬよう。くれぐれもご自愛ください。

ご予約承り期間&承り日時(本日現在)

《7月3日(月)〜12日(水)》

・7/3 月 17:00以降
・7/4 火 13:30~ ,16:00以降
・7/5 水 14:00~, 17:00以降
・7/6 木 10:00(or9:00)~12:00 の間
・7/7 金 18:00~
・7/8 土 終了
・7/9 日 10:00~, 13:30~17:00の間
・7/10 月 10:00~
・7/11 火 10:00~, 13:30~,17:00~
・7/12 水 14:00以降

*7日(金)はマッサージ講座開講の為、承りは18時~のみとなります。
*ご希望日時は第三希望までお知らせ頂けると幸いです。
*ご予約状況は流動的です。ご希望の日時等、お気軽にお問い合わせください。

◎ ご予約を心よりお待ち申し上げておりますm(_ _)m
〜那智の滝〜
今朝早くに那智の滝へ参拝に上がってきました。
6時過ぎに家を出て、20分ほどのドライブ。
涼しい時間帯の朝日はとても心地よく、那智山の木陰に差し込んでいました。
雨が少ないせいで、滝の水量は随分少なかったですが、クリアなパワーを浴びてきました。
なかなか都会からは遠いこの場所ですが、機会がありましたら是非足をお運びください。

【ファイナルコール!】統合ボディトリートメント講座春クラス

SWEDISH THERAPUTIC MASSAGE BACED
統合ボディトリートメント講座 Ⅰ< レベル 1:ベーシックコース >

5月開講クラス:6月よりの途中参加、を6月3日締め切りにて受付いたします。
5月に終了している二回のクラスは別途補講にてキャッチアップします。


今回募集定員:2名

お問い合わせ:090-1145-4142 | walea@xinrock.com

 

セラピストを目指す、そしてセラピストである方へはその腕に、心に磨きをかけるクラス。
解剖学やマッサージ技術だけではない、セラピストとして多くのクライアントと向き合ってきた心禄:清水の経験と知識を、惜しみなくお伝えさせていただいています。

<講座についての紹介や記事>
blog カテゴリー:ボディトリートメント講座
*講座についての詳細・Q&A の記事はこちらから
2015年09月25日 統合ボディトリートメント講座のご案内1【概要】
2015年09月26日 統合ボディトリートメント講座のご案内【ゴール】

間も無く6月京都心禄スタート:ご予約承り中

早いもので5月も明日で最終日。今年の半分に差し掛かる6月を迎えようとしています。皆様はいかがおすごしでしょうか?

春から夏にかかる時期。気持ちよい気候から少し蒸し暑くなってきますね。
湿気をためない体づくりも大事になる季節です。
代謝を上げて暑さに負けないコンディショニングを今から!

◎ ご予約を心よりお待ち申し上げております。

ご予約承り期間

6月1日(木)〜8日(木)

*当初5月31日〜のご案内を掲載しておりましたが、6月1日〜に変更させていただきました。
*1日のご予約のみ、30日22:00までの承りとなります。
*4日(日)はマッサージ講座開講の為、承りは18時~のみとなります。

*ご希望日時は第三希望までお知らせ頂けると幸いです。
*ご予約状況は流動的です。ご希望の日時等、お気軽にお問い合わせください。

〜富士山と祈り〜
先日、知人数人と車で東京までの珍道中にいってきました。
久々の関東。しかも箱根に滞在という少し贅沢な旅。
知人が紹介してくれた素晴らしいあるスポット。
富士山の絶景が額縁に入った場所での瞑想は、とても素晴らしい時間でした。
たった三日間の旅、けども行く前と帰ってきた後の自身の感覚の変化に感動。まるでトワイライトゾーン!?スターゲイトを抜けてきたように感じています。

ハワイ島でのマッサージスクールで感じた久々の”あの”バイブレーションです☆ウエルカムバック!

 

心禄ヒーリングハンズ11周年*有難うございます

今日 5月5日 心禄ヒーリングハンズは開業11周年を迎えました。

これまで、沢山の方に応援・ご支援いただきここまでこれました。

心より感謝申し上げます。

 

2003年のちょうどこのGWに、ハワイ島でこの世界に出会い、すぐさま足を踏み入れることを決心して、2ヶ月後にはハワイへ渡っていました。
その時から14年!!帰国してセラピストとして仕事を始めて13年になります。

 

よく、お客様やマッサージ講座の生徒さんより聞かれること。

 

「この仕事を始めるきっかけは何ですか?」

 

 

ものすごーく省略して言うと「超格好いいと思ったから!」。

 

2003年に人生の洗濯に「人生最後に行く場所」と思っていたハワイへ。
そこで出会う人々がことごとくセラピストや、マッサージスクールに通っている人たちでした。そして、その人たちがことごとく格好よかったんです!

 

私は学生のころから、友達にマッサージしてあげてたんですね。めちゃ効くし気持ちいいって言われていたりして。そして友達に「アロマとかマッサージ勉強したらいいのに」と言われていました。

 

けど、そう言われた私がなんと思っていたか?

 

「なんで、私が人にマッサージしたりするのを仕事にせなあかんの?」

 

ほんまもうなんちゅーこと思っとってん!自分、何様やねん!
ですよね・・・泣 m(_ _)m
そんな、アホなこと思ってた私が、真逆にセラピスに「憧れ」をいただくようになったのが、その時ハワイ島で出会った人たちのおかげです。もう、その人たちがめっちゃ格好よかったんです!!

単純だけど、私の人生を”決めた”のがその時出会った人たちと、濃い2週間のハワイ島のお陰でした。

 

(・・・この話の詳しくはまた・・・)

 

おかげで、14年もの間、この仕事をし続けられています。
そして、今日を迎えることができています。感謝☆

 

 

最近お世話になっている那智勝浦の助産院、かづこ助産院さんも同じく今日5月5日が周年の記念日だそうで、今日で20周年をお迎えになられたそうです。
おめでとうございます☆

 

かづこ先生は、ブログに「人間で言えば20年はやっとおとなとして認められる年齢」と書かれていました。そう考えると、心禄は小学校5年生!?

 

自分の城を持ち、そこを切り盛りしながら生計を立てる。それが11年も続いているなんて、自分でもよーやってるなぁ・・と感心します(笑

 

まぁ、好きだからできるんですよね。でなきゃ、全然違う人生を歩んでいたでしょう。全然想像つきませんが。

 

「この生き方おもろい!」と思って始めたことが、今や小学校5年生。その年頃は、そろそろ背伸びしたくなる時でもあるし、異性にも興味がでてくる時。
心禄も新しい興味がモリモリ湧いてきていますので、その辺りにアタックする一年にしたいと思っています。

 

人間の小学校5年生なら、一年は十分に長く感じる歳月だけど・・・いかんせん「小学校5年生」に”乗ってる”船長がそこそこの年なので、あっという間に時はすぎます。汗
ですので、十分に集中してこの一年をアグレッシブに攻めていきたいと思います。

 

まだまだ青い心禄ではありますが、何卒これからも宜しくお願い申し上げます。

 

そろそろハワイ島へもいかなきゃなぁ・・・

セラピストの役割

多面的役割

今日は、先日の投稿「鎮痛とマッサージセラピーの関係」の最後に触れた《セラピストがクライアントへ果たす役割》についてです。

お伝えしたいことはこのポイント・・・

私たちは、その時・その時に応じた身体の使い方で動き、感じ、考え、思う・・・そのような日々の生活での絶え間ない活動には、多様な背景があります。
【心理的、社会的、主観的、生理学的、神経学的・・・】
そのため、セラピストが求められる役割は、いかに多面的な視点からクライアントを観・診、それらから得られる情報を統合することで「その人」に必要な効果的なセラピーを行うことにあります。

*心禄の「統合ボディワーク&トリートメントセラピー」やマッサージ講座「統合ボディトリートメント講座」の《統合》はここです☆

 

私たちは日々動き・考え・思い・感じて生きています。それはそれは多岐にわたる様々な外からの刺激を、肉体=「身体」で受け止め、そして「心」で受け止め、傷付きもし、痛みを感じ、試行錯誤し、また行動に移す・・というように。

 

例えば、同じように仕事に追われる毎日を過ごしているCさんとDさん

責任ある仕事を任されそのプレッシャーにどうにか耐えて頑張っています。たまに、上司からの叱責で凹んだり、部下からの相談で頭を悩ますこともあります。ちょっと逃げ出したくなってくる気持ちもあったりもしながら・・・。「頑張ろう!」と仕事に取り組んでいます。

Cさん(ここで辞めても、転職活動も大変だろうし・・・どうにか頑張るか・・肩も凝るし、胃が痛いけど・・・)

Dさん(けど、ここで頑張っておけば、転職しても活きてくるはず!力がみなぎるぜ〜 )

現実には全く同じような状況下でおられる方はまずいないとは思いますが、これまでの経験で解りやすく例えました。

例えば、CさんとDさんのように、物事の主観的な捉え方が違ってくるだけで、身体が感じる反応が違ってくることもあります。
身体を物理的に動かすと、もちろん疲れます。が、様々なストレスや心労なども身体を疲れさせ、痛める原因にもなります。

これまでの人生でどんな経験をされてきたかによっても、状況の捉え方が変わりストレスに感じるか、そうでないかも変わるかもしれません。

もともと身体が弱く、ハードな仕事に堪えるだけの体力がない場合は、身体への負担はもちろん、そこからくる精神的なプレッシャーや辛さもでてくるかもしれません。

もともと一人で専門分野に取り組む方が得意な人が、チームで仕事を切り盛りしていくような人間関係をうまく作れないことにストレスを感じることもあるでしょう。

ざっと想像してみても、人が持つバックグラウンドはとても複雑で多様です。例えのように同じような状況においても、人それぞれの対応・反応・経験・感じ方は変わってきます。

多面的な視野・視点からクライアントを観察する事をセラピストが求められるのは、この理由からです。

もし、そこで生まれるストレスや疲れ、身体の痛みの原因があれば、それが何処にあるのかを一つ一つ丁寧に探していく必要があります。

 

 

このように、何気ない日常生活・・・これまで歩んできた「私の歴史」が、今抱えている「痛み」や「コリ」「緊張」を癒していく、最も大事な解決方法を知っている訳です。

それは容易に見つけられる時もあれば、複雑で、どれか?と特定するのは時には時間がかかることもあります。

セラピストの仕事は、その紐解きをお手伝いするサポート役であり、多面的な視点で「私」を観察し、診、凝り固まった部分を癒すヒントを見つける役割を担っているのです。

原因が何処かを理解して、施術を行うことは、理解せずに行うそれよりも、ずっとクライアントには効果的です。

 

そんなセラピストの仕事に興味を持たれ、もっと深く知りたいかたへ

SWEDISH THERAPUTIC MASSAGE BACED
統合ボディトリートメント講座 Ⅰ< レベル 1:ベーシックコース >

5月開講クラス:只今受講者募集中

<講座についての紹介や記事>
blog カテゴリー:ボディトリートメント講座
*講座についての詳細・Q&A の記事はこちらから
統合ボディトリートメント講座のご案内1【概要】
統合ボディトリートメント講座のご案内【ゴール】

鎮痛とマッサージセラピーの関係

今日は「痛み」とマッサージセラピーとの関係について
(このテーマについては昨年から書きたかったのですが、ようやくです!)

お伝えしたいことは・・・
マッサージセラピーが痛みを緩和する役割を持つ点において、マッサージセラピーの有効性が学術的な研究・分析をされ、エビデンスに基づき評価されたという点

 

マッサージセラピー(他補完療法)が鎮痛に非常に有効であるのはご承知の通り。実際に、スポーツをしたり、仕事からくる肩こり・腰痛などでマッサージやセラピーを受け痛みが楽になった経験がある方も多いと思います。

しかしながら、実はこれまで、マッサージセラピーが痛みを緩和するのに有効に働くなどの”治療効果の本質”を学術的に研究を行い、エビデンスを含めた評価など、詳しく解説されることがありませんでした。

 

え!?そうだったの!?

・・・そうなんです。

 

昨年2016年、オンライン学術誌「Pain Medicine」により、Samueli Institute とMassage Therapy Foundationの共同サポート、American Massage Therapy Foundationの財政援助で行われた「痛みに関するマッサージセラピー研究」のメタアナリシスが公開されました。

この結果について、

Samueli Instituteのメタアナリシスは、マッサージセラピーが優位に痛みを和らげて、不安を軽減して、痛みを抱える母集団の健康に関連する生活の質の測定基準を改善させると報告した。実際のマッサージ群とプラセボ群を比較して、マッサージセラピーは隠すの病状、痛みの軽減と気分の向上に推奨される

Samueli Instituteのメタアナリシスが画期的な理由の1つは、マッサージには多面的で複雑なメカニズムの不確定性があるにもかかわらず、評価した幅広い範囲の研究が信頼できる共通因子を明かし、測定可能な結果を示したことである。
(鎮痛に対するマッサージセラピーの有効性を研究で確認:Tim Herbert)

と報告されていました。

この記事は、私にとって貴重で心踊る内容でした。

 

なぜか?

考えてみてください。私たちが持つ多様な背景【心理的、社会的、主観的、生理学的、神経学的】。それらが、痛みの原因になった時、また追求される点も、多次元的に見ていく必要があります。(多くのクライアントと接しているとよく分かるります。)

そうなると、研究する対象が多岐に渡ることは確かです。当然費用もかかります。これまでは、それぞれの背景の個々の分野では、有効な研究結果が得られているのにもかかわらず統合的な研究が行われていなかったことから、実際に研究が行われ、結果が報告されたことは、大変貴重なことなのです。

 

要因が多岐にわたるって!?!?

例えば、同じ、全身の倦怠感や肩首の痛みを持っているクライアント:Aさん、Bさん

Aさんは長時間オフィスに座りPC作業をしています。
Bさんは外回りの営業で、重いカバンをいつも持ち歩いています。

もしかすると、Aさんはさらに社内での人間関係がうまくいっていないストレスがあるかもしれません。もしくは、厳しい上司がすぐそばに座しているのかもしれません。

もしかすると、Bさんは外出時と建物の中との温度差が激しい時期にはもっと疲れが大きいかもしれません。

「痛み」の原因となるものが、その人、その人によって複雑に影響しあい、結果身体の不具合=「痛み」として体は認識します。

同じ痛みや不具合を訴えていても、それは本人の主観的観察によるものであり、その原因となるかもしれない背景は似ている場合もありますが、全く違う場合も多々あるのです。

多面的な視点で観察し、その背景(原因)を探り、その原因を取り除くサポートをするのがマッサージセラピストの力量といいますか、本領発揮の部分でもあります。

 

マッサージセラピーが痛みの軽減に役立つことは、昔から知られそれ故、多くの国で実践され人々に愛されてきました。
(なので、別にいいやん!と思う方もおられるかもですが・・・(笑
これまで、「痛みの原因であるかもしれない一つの分野」から、その有効性が確認され報告されていたことが、「マッサージセラピーや他、補完療法」が多面的で複雑ながら、研究が統合的にされ、しかも有効な結果を示したこと

《評価した幅広い範囲の研究が信頼できる共通因子を明かし、測定可能な結果を示したこと》

が、とても興奮する部分なのです。

そしてそのことで、今まで以上にマッサージセラピストが果たす多様な役割を実感したのであります。これも大きなポイントです!
(次回につづきます・・・)

 

この報告記事はこちら
鎮痛に対するマッサージセラピーの有効性を研究で確認:Tim Herbert
2016.10.07

 

そのような素晴らしい役割を果たせるセラピストを目指しませんか?

SWEDISH THERAPUTIC MASSAGE BACED
統合ボディトリートメント講座 Ⅰ< レベル 1:ベーシックコース >

5月開講クラス:只今受講者募集中

<講座についての紹介や記事>
blog カテゴリー:ボディトリートメント講座
*講座についての詳細・Q&A の記事はこちらから
2015年09月25日 統合ボディトリートメント講座のご案内1【概要】
2015年09月26日 統合ボディトリートメント講座のご案内【ゴール】

徒然

寒い時期が開けて少しずつ自然が春を告げてくる時期がとても好きです。
特に4月から5月にかけては、いろんな花が順に咲いてきて、自然とはそのものの法則でもって、様々な種との調和で毎季節ごとを彩っているのだなぁとなんか、今日、藤の花が咲き始めているのを見て思いに耽りました。

 

同じように、私も春になるとなんとなくぼんやり冬の間温めてきたものを、形にしたり、表に出して見えるように表現したりだとか、試行錯誤が始まります。

そう、試行錯誤・・形にしたり表現したりしたい!のに、その寸前で思い巡らし、足踏みしているように感じるのです。

躊躇という言葉も少々あったりしたりもします。これは昨年まではネガティブ気味に自分では捉えていましたが、今年は少しちがうのです。

恐れや不安からくる躊躇ではなく、いいものなんだけどそれを「こうやって」出していいの!?ほんまに!?(笑)
的な。

そう思うと、もう自分の中で完結されて出来上がってしまってるもんだから、逆にあえて表に出すのもなぁ・・・となって、足踏みしている感じになっているんです。

こう書くと、単なる自己満足のそれしかないんですよね。どう考えても。
空想だし。笑

けれども、身体が動いてくるのは、それを自分の中から外に生み出していくからで。
実現させていけるのは、そうするからなのですよ。

そうやって、送り出そうとするきっかけが、降りてくるのを間も無くかな・・・と待機中です・・・足踏みじゃなくね。

久々に徒然でした。